訴えられた場合に知っておきたい知識

犬02民事裁判を起こすことはそれほど難しいことではありません。なので、原告の性格によっては、ちょっとした生活トラブルを発端として訴えられてしまう場合があります。また、お金の貸し借りも、よく裁判になるトラブルです。
では、もし訴えられた場合はどのように対処すればいいのでしょうか。訴えられた場合の流れですが、まず、裁判所から書類が届きます。それを見れば、誰にどのような内容で訴えられたのかということがわかるので必ず確認しておきましょう。もし、原告の名前や訴えられた内容についてまったく心当たりがなかったとしても、そのまま無視してはいけません。というのは、たとえば原告が実際にはお金を貸していないのに、貸したのに返してくれないという裁判を起こした場合、被告が無視して裁判に欠席してしまうと、原告の訴えがすべて認められてしまうからです。書類に答弁書というものがあるので、そこに訴えられた内容はでたらめであると記載して裁判所に送りましょう。
内容について覚えがある場合も、答弁書を書いて送っておくといいでしょう。そうすれば、なんらかの理由で裁判に出席できなかった場合も、答弁書の内容で説明や反論をすることが出来るからです。

コメント

コメントを受け付けておりません。