手形小切手訴訟とは

犬03手形小切手訴訟は現在の裁判所で認められている訴訟の一種であり、その名の通り手形・小切手を専門として扱うものとなっています。
通常こうした訴訟に関しては事実関係の確認から相互の責任関係など細部に至るまで確認が行われるため結論がでるまでの時間が長くなりやすいのですが、手形小切手訴訟においては目的を限定することによって手続きを効率化し、結論がでるまでの時間を大きく削減しています。
具体的に通常の訴訟との違いとして挙げられるのは「最初の口頭弁論期日で心理を完了することを原則とする」、「証拠は書証のみに限定され、文書の成立の真否および手形・小切手に関する事実について当事者本人への尋問が許される」、「請求が許容される場合の手形・小切手には仮執行の宣言が付される」、「不服申し立てについては異議申し立てのみが許される」といったような違いが挙げられるでしょう。
請求金額140万円までは簡易裁判所、それ以上は地方裁判所というように金額によって管轄裁判所が変わることも特徴となります。
ちなみに手形小切手に関する訴訟をするから絶対に手形小切手訴訟をしなくてはならないというわけではなく通常の訴訟を方法として選ぶこともできるため、手形小切手訴訟を考える際にはそのメリットやデメリットをしっかり判断することが重要になるでしょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。