少額訴訟について

少額訴訟について流れは基本的に変わらないというのが今の法曹界での社会通念上の考えですが、様々な前例が法廷に取り込まれてきているなかそうした流れは少しながら変わりつつあるというのが現状です。小学という規模であっても法廷で訴訟を起こすことには変わりないので訴訟を起こす側にしても相手側にしても事前の準備というものが今後の展開を握るカギとなってくることは間違いないのです。

訴訟はどのような規模であっても基礎をする人間と告訴される人間の二体軸で構成されているので、こうした基本的な構造から把握していくことから流れをつかむ作業が始まるのです。そうした前提を分かっていないと次にどのような行動に移したらいいのかおよそ見当がつかないからです。ただ法律の知識が皆無だったとしても基本の所を押さえておけば後は順序通りに進めていくだけなのでそう難しく構えることも無いのです。

またいろいろなケースが増えていることから、原告側への求刑をする際でも隔年ごとに罰金を支払ってもらうといった少々特殊な形を展開したりと内容が多岐にわたっているという特徴から、簡易的に納得のいく裁判で帰結したいのであればこの形をとるのは悪くないという結論になります。

コメント

コメントを受け付けておりません。