奨学金はあるの?法務教官の資格に必要なものは?

法務教官は、主に少年院や少年鑑別所などの刑事施設に勤務する法務省の専門職員となります。非行した少年などの矯正教育や指導などを刑事施設現場で担当し、社会に出ても犯罪に走らないように更正する役割があります。

法務省の専門職員なので、公務員の立場と一緒で法務省専門職員採用試験を受験し合格する必要があります。ただその採用試験に合格しても法務教官になる資格を有するだけで、実際には希望管区に面接を行いそこで内定を貰ってから働く形となります。

法務教官になるための特別な資格は存在しませんが、語学の習得や臨床心理士などを有していると働く中で役立つ場合が多いです。法務教官になるためには学歴などの制限も一切なく、受験をする上では受験する年の4月1日現在、21歳以上29歳未満の年齢制限があるのみです。

また29歳以上でも40歳未満であれば社会人採用枠も存在するので受験資格を有します。法務教官になるためには採用試験に合格する必要がありますが、試験内容自体が大卒程度となります。

そのため専門の予備校や学校などに通学して、試験対策を行なうのが近道です。大卒や社会人でも法務教官を目指せるため、その採用試験対策を行なう予備校や学校によっては、奨学金制度が充実しているケースも多いです。

コメント

コメントを受け付けておりません。