知っておきたい!不動産強制執行の手順

不動産強制執行はある日突然行われることはありません。強制執行は最低でも次の要件が必要です。まず、請求債権が存在することが必要で、請求債権は強制執行の前提条件となります。次に執行力のある債務名義の正本があることが必要です。執行力のある債務名義の正本には、確定判決や仮執行宣言付きの支払督促が相当します。次に債務名義の正本または謄本が債務者に送達されていることが必要で、弁済期が到来していることも条件です。以上は全ての強制執行に必要な要件で、適宜他の条件が付帯することもあります。これらの前提条件が整った場合に強制執行を申し立てることができます。不動産強制執行の手順は申し立て書類と整えて、対象となる不動産の所在地を管轄している地方裁判所へ提出することから始められます。この時、競売物件の調査や査定のために必要な費用として予納金を納めなければなりません。余納金は競売が成立した後、返納されます。申立てが裁判所に受理されると、強制競売開始決定が出され、登記簿に記載されて、その不動産に対する差押えの効力が発生します。その後、裁判所による不動産の現況の調査、および最低競売価額を定めるための評価が行われ、競売の公告、競売期日が指定され、競売により落札者が決定されます。強制執行は申し込みから執行までに約2年を費やします。

コメント

コメントを受け付けておりません。