司法制度改革の改革点

司法制度改革は日本において、1999年以来行われている司法制度全般に関する改革です。

 

裁判制度、国民への司法制度提供など多岐に渡ります。

 

国民への十分な司法制度を提供するために、裁判の効率化や法曹界の人員拡充などが必要とされ広汎な改革が行われることとなりました。

 

では具体的な改革点について話していきます。

 

まず民事司法制度の改革点としては、裁判所へのアクセスの拡充や裁判の迅速化や専門的な事件の対応強化、知的財産権関係事件への対応強化するために専門委員制度を行ったり、知的財産高等裁判所を設置、法テラスの設置、公的扶助の充実化など様々な政策が行われています。

 

また刑事司法制度の改革点としては、刑事裁判の迅速化や被害者・被告者の公的弁護制度の整備、身柄拘束の是正、犯罪者の社会復帰と被害者・遺族の保護などを図るために公判前整理手続を行ったり監獄法を改正するなどいろいろと政策が行われています。

 

近年では国際化を図るために民事司法や刑事司法のグローバル化化や法整備支援の促進、弁護士のグローバル化など活発な活動が行われています。こうしたいろいろな政策が行われているが問題点が出てきたりしています。それらの解決のため今日では様々な議論が行われているようです。

コメント

コメントを受け付けておりません。