支払督促から強制執行の流れ

裁判所から支払督促が送られてきても、お金がないのだから返済出来ないと開き直って無視した場合、どのようになるのでしょうか。
その場合、債権者は債務名義を得ることになります。債務名義があれば強制執行、つまり差し押さえをすることが出来ますが、やるかどうかは債権者次第です。つまり、場合によっては債務名義だけ取って、債務者をそのまま放置することもあり得ます。
ただ、債務者の銀行口座にはお金が入っているのではないかと債権者が考えた場合、あるいは債務者の勤務先を債権者が知っている場合は、いずれ差し押さえをしてくる可能性が高いです。
口座を差し押さえる場合ですが、債務者と銀行にそれぞれ通知が送られます。銀行に通知が送られた時点で口座から出金は出来なくなります。なので、銀行へ届くよりも早く債務者が通知を受け取れれば、差し押さえをされる前に預金を下ろすことが可能です。
給料を差し押さえられる場合は、裁判所から会社に通知が届きます。差し押さえられる前に給料を受け取る手段は基本的にはなく、一定の金額が引かれた分を受け取ることになります。
動産執行、つまり、家にある高価な物が差し押さえられる場合は、執行官が予告なく家にやってきます。もし、売却できそうなものがないと判断した場合は、差し押さえをせずに帰っていきます。

コメント

コメントを受け付けておりません。