債務承認兼支払約束の覚書とは?

債権の回収は、決して簡単なことではありません。債務者が皆期日を守って利息と共に返済をしてくれれば良いですが、そんな債務者ばかりではありません。そうであれば、債権回収業者など存在しません。
もちろん債務者に悪意があるわけではありません。ほとんどの債務者が、返したくても返せない状態です。あまり厳しく取り立てると、ない袖は振れないと開き直られる恐れもあります。自己破産をされるとほとんど回収できなくなりますので、債権者としては返済回数を増やしたり、1回の返済金額を減らしたりして回収をはかることになります。
しかしそれでも確実に回収できるとは限りません。返済方法を変更する際に債権者がしておくべきことは、債務承認兼支払い約束の覚書を交わしておくことです。その時点での債権額を明確にし、新たに定めた方法、回数で返済を受けることを約束する念書のようなものです。
覚書を交わす意味は、債務者に債務があることを認めさせること、もう1つは時効を中断させることにあります。既に返済が滞っている場合、滞った日から時効が進行します。しかし覚書を交わすことによって、交わした日から時効が進行することになります。また債務者が後から債務はないなどともいえなくなります。
比較的簡単にできる債務強化の方法です。

コメント

コメントを受け付けておりません。