債権強化のための担保とは?

債権の回収を確実なものにするためには、一般的の担保を債務者に立てさせることが多いです。債務者では、支払うことができない場合にも、担保を処分することで回収の道が開けます。
その内容は、人的保証と物的保証があります。人的保証ではその保証について注意点があります。その差異ですが、担保力の強いものから、連帯債務、練炭保証、普通保証です。連帯債務はその名の同じ債務を負うことになります。連帯保証は債務の履行を保証することで、普通保証と同じように思えますが、内容が違います。連帯保証は、債権者が債務者の直接請求せずに、連帯保証人に直接債務の履行をもとめることが可能ですが、普通保証はまず債務者の履行の請求するように債権者の請求を拒絶することが可能で、その分債権者は回収不能リスクが高まるという効果があります。契約文言の違いで大きく意味が異なりますので注意です。
物的保証として、抵当権や質権などが一般的で不動産なりに設定して物上保証人として登記して成立させることになります。この物的保証は、その差出担保以外の責任がなく、最悪その差出したものを失うことで、人的保証とは違いに債務のほぼ全額というわけでないです。ですので、債権の強化の担保は、物的保証よりも人的保証の方が強いことが多いと言えます。猫01

コメント

コメントを受け付けておりません。