裁判制度の改革

1999年以来、ここ日本では司法制度の改革が行われています。これは司法制度全般に関わるものですが、その中でも非常に大きな改革となったものが裁判員裁判です。2009年からスタートしたこの裁判制度のスタートにより、裁判や司法というものがとても身近なものとなりました。

 
裁判員制度とは3人いる裁判官に対して6人の一般国民が裁判員として刑事裁判野審理に参加し、有罪もしくは無罪の判断を下すというものです。もしも有罪となった場合には、その量刑の決定も行うこととなるので非常に大きな責任を負うものなります。

 
この制度になったことによって様々なメリットがありますがまずは、裁判が行われている日数を減らすことができるというものです。これまでは審理を行うことに対して大変な時間をかけることとなっていましたが、この仕組みを導入したことによって大変長い間にわたって実施されてきた裁判は短縮して行われるようになりました。

 
そして一般国民から選ばれた人の意見が取り入れられるということで、世論が反映されやすくなるのです。これまでは判決の内容と世論がかけ離れたものであるということも言われてきましたが、そういった問題を解消することができるようになりました。

コメント

コメントを受け付けておりません。