裁判所の入り口の入り方

裁判所に入るのはまったく難しいことはありません。というのは、事前予約をしたり、あるいは入り口で身分証明書の提示を求められたりといったことは一切ないからです。平日、裁判が行われる日に行けば自由に入ることが出来ます。
初めて行く場合の注意点としては、入り口から入ってすぐのところにある裁判の予定表を確認しておくということが挙げられます。ここには、その日行われる裁判のスケジュールが書かれていますので、見たい裁判があったらメモに記しておきましょう。
法廷に入る場合ですが、やはり特にチェックは行われません。自由に入退出することが可能です。入る時の注意点ですが、携帯やスマートフォンの電源は切っておくようにしましょう。バイブレーターでの着信の場合でも、法廷内は基本的に静かなので、かなり目立ってしまいます。電源自体を切っておくことがベストです。
ニット帽などの帽子をかぶっている場合は、脱いだ方がいいです。なぜかというと、開廷前に裁判官に脱ぐように注意をされることがあるからです。マスクはしているままでも問題ありません。
リュックサックや鞄などを持ち込んでも何も言われませんが、法廷内を勝手に撮影したり、裁判を録音したりすることは出来ないので、そういう機材を中から出しているのを見られたら当然注意されますので気をつけなければなりません。

コメント

コメントを受け付けておりません。