裁判所はどんな画材を持ち込んでも大丈夫

法廷画家は仕事を依頼されたら、時間をかけずに絵を描く必要があります。その理由は描いたものは当日のニュースに使用できるので裁判を見た後にゆっくりと描いていては間に合わないからです。裁判所にペンなどを持ち込んでも問題はありません。基本的にメモを取ったり絵を描くことは禁止されていないからです。また、裁判所に入る時は空港の搭乗前のように金属探知機でチェックされるということもないので、使用するペンの制限もありません。手荷物検査のある裁判所というのもそれほど多くはありませんのでスケッチブックなどの大きな持ち物を持って行っても何も言われないことがほとんどです。一般的に法廷画家や記者は目的が明確ということもあまり制限されない理由にあります。しかし、万一検査がある場合だとすると、ナイフのような凶器になるような危険なものを持ってきていないかどうかをチェックしますのでそれ以外の無害なものに関してはあまりうるさく規制はされていません。用途がはっきりしているので絵を描く為の物に関しては特に何か制限を設けられているというわけではありませんので、どのようなものを持っていっても誤解を受けないようなものであれば大丈夫です。

コメント

コメントを受け付けておりません。