高等裁判所の役割

日本においては裁判という制度が存在します。

 
これは罪を犯した者が有罪か無罪かを判定する制度であり、有罪の場合は罪人に対して具体的な刑を決定するものです。

 
そもそも日本は法治国家と言われています。
法律を国会でつくり出し、それを明文化して施行し、その法律を破ったものを逮捕・拘束し、被告として裁判を受けさせて罪を明らかにするのです。

 
このような流れがあるからこそ日本の秩序は守られているわけです。

 
この裁判所の中に高等裁判所があります。

 
ここは簡易裁判所、家庭裁判所、地方裁判所を含めた下級裁判所の中で最も上に位置する裁判所です。
この裁判所の主な役割は4つあります。

 
1つめは地方裁判所の第一審判決、家庭裁判所の判決、簡易裁判所の慶事に関する判決においての控訴です。
2つめは地方裁判所や家庭裁判所の決定や法令に対しての抗告、簡易裁判所の慶事に関する決定や法令に対しての抗告です。
3つめは慶事に関するもの以外での地方裁判所の控訴審判決や簡易裁判所の判決に対しての上告です。
4つめは内乱、内乱陰謀、内乱予備、内乱等幇助に関わる訴訟の第一審を行なうことです。

 
これらは全て裁判所法で定められている内容で、裁判においての主な役割です。

コメント

コメントを受け付けておりません。