憲法の番人の役割

憲法の番人とは最高裁判所のことを言います。

 

こちらの裁判所は上告及び訴訟法において特に定める特別抗告について最終的な判断を下す権限を持っています。

 

最高裁の裁判官の定年は70歳です。憲法第76条には最高裁に関する条文があります。

 

1.すべての司法権は最高裁及び法律の定めるところにより設置する下級裁判所に属する。

 

2.特別裁判所は、これを設置する事ができない。行政機関は終審として裁判を行うことができない。

 

3.すべて裁判官は、その良心に従ひ独立してその職権を行ひ、この憲法及び法律にのみ拘束される。

 

憲法は行政書士の資格試験の出題科目となっています。慶応義塾大学をはじめとした私立大学では法律を低廉な学費で学べる通信教育を実施しています。そして大抵の私立大学の法学部では憲法を必修科目としています。

 

慶応義塾大学法学部政治学科の通信教育課程では憲法と政治学は必修科目です。最高裁は東京メトロ半蔵門線の半蔵門駅からも歩いて行けます。半蔵門駅から歩いて行けるところには法政大学の市ヶ谷キャンパスもあります。法政大学でも低廉な学費で法律を学ぶことができます。法政大学でも慶應義塾大学でも法学部では行政書士や司法書士の資格の取得を勧めています。

コメント

コメントを受け付けておりません。