法廷画家、その職業に就くには?

テレビのニュースで大事件の裁判の様子が報道される事があります。こうした時、被告や裁判官の映像や写真が出ることはありません。似顔絵とも違った独特の絵が放映されていることは誰でも知っているでしょう。こうした絵を専門に描く人を法廷画家と呼びます。
日本の場合は外国と違って裁判中の写真撮影、動画撮影は裁判官の許可がない限りできません。事実上裁判官は撮影許可を出しませんから一切写真は撮れないことになっているのです。裁判が始まる直前に裁判官が着席した場面のみ撮影が許されていますが、被告が入廷してからは撮影できません。しかし被告は逮捕時と様子が違っているでしょうし、裁判中にそのような様子であるかという事は誰もが最も興味を抱くことです。その為にテレビや新聞、雑誌社はその様子を絵で再現できる画家に傍聴人として裁判を見学させて絵を描いてもらう訳です。法廷画家は各媒体社員と言うわけではなく、画家がアルバイト的に依頼を受けているうちに専属となるケースがほとんどと言われています。従って美術専門学校等で絵を勉強するのはもちろんですが、マスコミ関係のコネも大変重要だと言えます。法廷画家募集等という求人はあり得ないからです。猫04

コメント

コメントを受け付けておりません。