法廷画家の守るルール、特別扱いはされません

法廷画家とされる人たちの多くは、イラストレーターや漫画家など絵を描く職業の人とテレビや新聞などのメディア関係の美術スタッフに分けられます。
日本では法律(刑事訴訟規則第215条及び民事訴訟規則第77条)により、法廷内の写真を撮ることが禁じられています。テレビのニュースなどで流れる映像は裁判前の数分間に撮られた映像です。
法廷画家は法廷の様子をカメラ映像の代わりに人々に知らせる大切な仕事です。
しかし、法廷画家が特別に傍聴席に入れるわけではありません。他の傍聴人たちと同じように抽選をし、傍聴券に当選しなければ入ることは出来ないのです。
絵を描くにあたっての注意点として、単なる似顔絵ではすまされないことです。
社会規範に反した行いをした人間を裁く場所ですから、いい加減なスケッチでは済みません。特に有名な事件の公判はそれ相応の注目を集めます。
限られた時間内で被告人の表情や法廷の臨場感までも写し取る技量が必要になってきます。極悪人だからと言って、主観を交えては事件の本当の姿も正確に伝えることは出来ないでしょう。
法廷画家は視聴者の代表としてそこに座り、カメラで撮れなかった公判の様子を絵に通して伝えるいう使命を持っているとも言えるのです。

コメント

コメントを受け付けておりません。