法廷画家に資格は必要ない

日本では刑事訴訟規則第215条および民事訴訟規則第77条により、裁判中には裁判長の許可を得ないで、法廷内の様子を写真にとることはできません。そのため、法廷内の様子は、法廷画家の描く法廷画で伝えられることになります。被告を中心に描かれることが多いですが、ただ被告の似顔絵を描くというのではありません。裁判がどのような雰囲気で行われているかなど、場面の空気が伝わる絵を、限られた時間内に臨場感を持って描くことが求められます。絵を描く場所が用意されているわけではないので、一般の傍聴席に座りながら、狭いスペースで描かなければなりません。法廷画家になるためには、特に資格のようなものは必要ありません。実際に法廷画家として活躍しているのは、フリーランスのイラストレーターや漫画家か、新聞社やテレビ局などに所属する美術畑の社員などです。報道のためのビジュアルが必要な裁判の数がそんなに多くはないので、法廷画家だけで生計がたてられるような収入は見込めません。何らかの画業の一つとして、行われているわけです。絵を生業としている人が、法廷画家になるために必要なスキルは、観察力と画力に加えて、限られたスペースでスピーディに描きあげる力ということです。

コメント

コメントを受け付けておりません。