法廷画家は普段はどんな仕事をしているの?

刑事訴訟規則第215条及び、民事訴訟規則第77条により、日本では裁判中に法廷内で写真を撮ることが禁じられています。テレビなどで流される部分は、被告人や裁判員らが入廷する前のあたまどり撮影です。
被告人が入廷してから退廷するまでは映像を撮ることができませんので、絵で説明するのが法廷画家です。
しかし、実際は法廷画家という職業はありません。たいていは、イラストレーターか画家が兼業で行っています。他に、新聞社やテレビ局の美術スタッフも法廷画を描きます。ただし、映像の代わりにその場の雰囲気や被告人の細かい様子などを短時間のうちに描かなければならないので、速写など、ある程度の技術が必要になってきます。
普段から社会的道義心があり、義務感の強い人に向いている仕事だと思います。
ただ、見えない苦労もあります。傍聴席は用意されているわけではないので、自分で並んで当選しなければなりません。また、その席が良い席とは限らず、被告人の背中しか見えず、せっかくの表情がわからないときもあります。そんな中、一枚にかける時間は5分から10分くらいで、およそ、10枚ほどしか描けません。それらの中から、テレビ局の担当者が選んだものを着色し、テレビ放映に間に合うように短期間で仕上げるのです。猫06

コメント

コメントを受け付けておりません。