法廷画が普及した背景は?

国内のテレビの歴史の中で、一般的な裁判の模様が中継されたことはありません。これは法律で裁判長の許可なく、撮影してはいけないと決まっているからです。裁判長は被告が法廷に入ってくる前の様子を撮影させる以外に、許可することはないので、テレビで裁判の様子を見られることはないのです。ただ、裁判は公開されるものなのだから、テレビで中継してもいいのではという意見もあります。実際、海外の大きな事件の裁判はテレビ中継される場合もあります。
では、なぜ日本では禁止されているのかというと、たとえば、証人などが証言する場合、カメラがあることで緊張してしまい、うまく証言できないといったことが考えられるからです。勿論、法廷内では傍聴者に見られているわけですが、人に直接見られるのと、カメラを向けられるのとでは心持ちが違うという人も当然居るわけです。加害者が未成年だったり、被害者が出廷する場合など、当然、プライバシーの問題もあります。
そこで、日本のテレビ局は法廷画を用いて、裁判での被告は様子を伝えるようにしています。
法廷画の歴史ですが、由来と言えるほど古いものはなく、テレビカメラや普通のカメラで撮影できないのであれば、絵で描こうということで自然発生的に始まったものと言えます。猫08

コメント

コメントを受け付けておりません。