法務教官の立ち位置は?少年犯罪更生に関する基礎知識

法務教官とは、罪を犯した少年が収容されている少年院や少年鑑別所などに勤務し、非行に走った少年たちが健全な社会人として社会復帰出来るよう、指導したり教育したりしてサポートをする専門職員のことをいいます。
家庭裁判所から保護処分として送致された少年を収容している少年院においての法務教官の役割は、集団の生活下で健全にものを見たり考えたりするように生活指導をおこない、学習面でも、基礎学力をつけるように教科の指導をおこない、社会復帰した際に仕事に就く場合には、その必要な基礎知識と技能を習得させるための職業指導などを行います。更生のための専門的な教育を行いながら、一般の教員のように、採点や成績経過を作成するなどの業務を行うこともあります。
家庭裁判所の観護措置決定によって送致された少年を収容する少年鑑別所においての法務教官の役割は、一定期間にわたって少年を規律正しい生活を送らせ、少年の資質を見極めます。少年の心情の安定を図りながら、面接を行ったり行動を観察したりして、心理の法務技官と協力をしながらその少年の持つ問題点や改善の可能性を探り、家庭裁判所の審判や少年院、保護観察所などにおける指導に活用される資料をつくり提供することです。本人の希望があれば、学習面でも支援を行います。猫09

コメント

コメントを受け付けておりません。