初めての傍聴

犬12裁判の傍聴を趣味としている人の本などを読んで、自分も傍聴をしてみたいと考えた場合、いろいろと決めないといけないことがあります。
たとえば、民事裁判を傍聴するのか、それとも刑事裁判を傍聴するのかということがあります。裁判は原則、公開されるので離婚裁判を見ることも可能ですが、初めて裁判を見るのであればやはり刑事裁判がいいでしょう。民事の場合、お金の貸し借りに関するトラブルの裁判が多く、更に和解になることも多く、見ていてあまり興味を惹かれるものではありません。
刑事裁判は殺人事件や傷害事件などを起こした犯人を見ることが出来る上に、事件が起きた経緯も聞けるので、充実した傍聴になることが多いです。
刑事事件の裁判の中でも、裁判員裁判を見てみたいという場合は、地方裁判所へ行きましょう。というのは、裁判員裁判は地方裁判所でしか行われないからです。
裁かれる事件が殺人事件の場合、一日で結審することはなく、裁判は何日間も続きます。難しい事件になると一ヶ月程度続くものもあります。
そのすべてを傍聴するのが難しいという場合は、第一回公判を見るようにしましょう。事件のあらまし、弁護側と検察側の主張をそれぞれ聞くことが出来ます。

コメント

コメントを受け付けておりません。