学校に行けないこどもたちも……保護司の仕事内容って?

未成年で犯罪を犯した場合、相当の処分が下された後、釈放後は保護観察という監視のもとに置かれます。過ちを犯した子供の更正を目標に定められた制度ですが、対象となる相手の心の闇は深く、保護司の仕事は大変重要と言えるでしょう。保護司というと、どうしても問題を抱えた子どもたちのみに絞られた仕事内容だと、偏ったイメージを抱く人も多くいますが、第一の使命は悲しい犯罪をその子が繰り返さないことに加え、被害者を増やさないことです。つまり、保護司の職場は対象の子どもの周囲だけに限らず、その子の引き受け人であったり、その地域の安全の確保のための活動であったりと、様々です。犯罪に携わり、人の命と将来に関わる仕事内容ですので、保護司の精神的負担は決して軽いとは言えません。しかしながら、未来ある子どもたちの将来を守り、自暴自棄になってすべてを棒に振ってしまおうとしている若者を窮地から救う仕事です。学校に行けない子どもたちの中には犯罪予備軍とも言われる人がたくさんいます。地道な啓蒙活動と、人と犯罪に正面から向き合うことで、凶悪な事件を未然に防ぐこともできるかもしれません。子どもたちが更正し、まともな社会人になった時の喜びは他にはないものがあるでしょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。