どんな職場?働いている人の年齢は?保護観察官の仕事とは

保護観察官とは法務省採用の国家公務員で、主な仕事内容は罪を犯した人が刑事施設を出所したあとに、健全な社会生活を送る事ができるよう社会復帰の手伝いを行います。保護観察官の職場は、地方更生保護委員会や保護観察所です。どちらの職場に配属された場合にも、非行や犯罪に走った者が社会に復帰できるようサポートし、地域社会での犯罪の予防活動を行うのが業務です。
保護観察官となって保護観察所へ配属された場合の仕事は、家庭裁判所で保護処分決定を受けた者や、刑事施設から仮釈放された者の保護観察が中心になります。それだけでなく、出所した後の生活を調査したり、再犯を防止するための取り組みなどの活動も実施します。地方更生保護委員会に配属された場合は、保護観察所と仕事内容が少し異なります。刑事施設や少年院へ収容中の者と面接を行ったり、施設からの仮釈放や仮退院が可能かどうかを審査する際に必要となる調査を行います。
保護観察官になるためには、法務省の用意した採用試験に合格する必要があります。複数選択式・記述式である1次試験と人物試験である2次試験を受ける他にも、身体検査と視力検査が実施されます。年齢制限に関しては、国家公務員試験と同じです。猫11

コメント

コメントを受け付けておりません。