学校に行けないこどもたちも……保護司の仕事内容って?

未成年で犯罪を犯した場合、相当の処分が下された後、釈放後は保護観察という監視のもとに置かれます。過ちを犯した子供の更正を目標に定められた制度ですが、対象となる相手の心の闇は深く、保護司の仕事は大変重要と言えるでしょう。保護司というと、どうしても問題を抱えた子どもたちのみに絞られた仕事内容だと、偏ったイメージを抱く人も多くいますが、第一の使命は悲しい犯罪をその子が繰り返さないことに加え、被害者を増やさないことです。つまり、保護司の職場は対象の子どもの周囲だけに限らず、その子の引き受け人であったり、その地域の安全の確保のための活動であったりと、様々です。犯罪に携わり、人の命と将来に関わる仕事内容ですので、保護司の精神的負担は決して軽いとは言えません。しかしながら、未来ある子どもたちの将来を守り、自暴自棄になってすべてを棒に振ってしまおうとしている若者を窮地から救う仕事です。学校に行けない子どもたちの中には犯罪予備軍とも言われる人がたくさんいます。地道な啓蒙活動と、人と犯罪に正面から向き合うことで、凶悪な事件を未然に防ぐこともできるかもしれません。子どもたちが更正し、まともな社会人になった時の喜びは他にはないものがあるでしょう。

保護司の資格を得ると何ができる?仕事内容と給料

保護司とは犯罪や非行に走った人の更正を行なう仕事で、法律においては保護司法と更正保護法に規定されている資格です。最近は少年犯罪や婦女の犯罪も増えていることもあり、そういった受刑した人の社会復帰を助ける上では必要とされる人材であることは確かです。

身分は、法務大臣より委嘱された国家公務員の一種で、日本国内には約48,000人います。なお保護司になるためには、特別な試験や資格を必要とすることは無いですが、社会的信用性があること、時間的余裕があり生活が安定していることが必須です。

それに人の更正に対する職務に熱意があることが必要な要件となります。実際には保護観察所の長の指揮の下に行う職務であり、保護観察官が少ないことからそれを補う立場で職務を行なうことが多いのが実態です。

その資格を得るには保護観察所の推薦を受けて法務大臣より委嘱される必要があります。保護司の給料については、ボランティアで行なわれることが多く、実質無給となります。

ただ更正の職務を行なう上でのかかった費用については、全額もしくは一部が支給されることとなります。実際に保護司の資格を得ている人は、元地方議会議員だったり、宗教家、自営業者、公務員経験者などの方が多い傾向があります。

保護司自身の推薦でなることも多く、人材の確保するための方策を検討されることも多いです。

知っておきたい基礎知識~保護司と少年犯罪~

保護司とは、犯罪や非行をした人の立ち直りを支え、更生させることを目的とした民間のボランティアのことで、全国に約4万8000人の保護司がいます。保護司法や更生保護法に基づいて、法務大臣から委嘱を受けた非常勤の一般職国家公務員とされていますが、ボランティアであるため給与が支給されることはありません。刑事施設や少年院などで罪を償い、出所してきた人は地域社会に戻り、社会の一員として生きていくことになります。こうした人たちの再犯を防いで、立ち直りを助けるためには、円滑な社会復帰のために指導や監督を行う保護観察官以外に、その地域の実情に詳しく、時間に余裕のある民間人の助けが必要になります。そこで登場するのが保護司です。保護司は保護観察官と協力して保護観察に当たるほか、生活の助言や就労の手助けを行い、社会への復帰を円滑にします。また、出所後の住居予定地の調査や引受人との話合いを行い、受け入れ態勢の整備なども行います。他にも、罪を犯した人の更生について理解を深めるために講演会やシンポジウム、ワークショップなどを行い、世論の啓発や地域社会の浄化のための活動も行っています。2015年現在で平均年齢が64.7歳と年々高齢化のが進んでおり、今後の人材不足が心配されています。猫12

どんな職場?働いている人の年齢は?保護観察官の仕事とは

保護観察官とは法務省採用の国家公務員で、主な仕事内容は罪を犯した人が刑事施設を出所したあとに、健全な社会生活を送る事ができるよう社会復帰の手伝いを行います。保護観察官の職場は、地方更生保護委員会や保護観察所です。どちらの職場に配属された場合にも、非行や犯罪に走った者が社会に復帰できるようサポートし、地域社会での犯罪の予防活動を行うのが業務です。
保護観察官となって保護観察所へ配属された場合の仕事は、家庭裁判所で保護処分決定を受けた者や、刑事施設から仮釈放された者の保護観察が中心になります。それだけでなく、出所した後の生活を調査したり、再犯を防止するための取り組みなどの活動も実施します。地方更生保護委員会に配属された場合は、保護観察所と仕事内容が少し異なります。刑事施設や少年院へ収容中の者と面接を行ったり、施設からの仮釈放や仮退院が可能かどうかを審査する際に必要となる調査を行います。
保護観察官になるためには、法務省の用意した採用試験に合格する必要があります。複数選択式・記述式である1次試験と人物試験である2次試験を受ける他にも、身体検査と視力検査が実施されます。年齢制限に関しては、国家公務員試験と同じです。猫11

保護観察官に資格は必要?学歴の有無

保護観察官は、更正保護法に基づき地方更生保護委員会や保護観察所などに配置される国家公務員です。その職務は、犯罪を犯した人や非行少年などの再犯や再非行を防止し、社会復帰のための指導・監督などを行なうことです。

実際には保護司などと連携して、受刑した人の出所後の更正を助けるために尽力を行ないます。保護観察官になるためには採用試験を受験し、それに合格することで保護観察官になる資格を取得することが出来ます。

採用試験については、大卒や大学院卒を対象とした総合職試験、法務省専門職員採用試験、大学卒業程度・高卒程度の一般職採用試験があります。いずれかの試験を合格することで、保護観察所や地方更生保護委員会に採用されます。

職務上、法律に対する知識が必要となりますが、採用の段階ではそれは必要でなく、採用後の配属先で実習や研修を通じて、習得することとなります。そのため、保護観察所や地方更生保護委員会に一定の期間、勤務を行なった後に最終的に保護観察官となります。

一般職採用試験では、学歴が大卒か高卒となっていますので、比較的に広く門戸が開かれているので受験が可能です。実際には、保護観察官として現場で活躍されている方は全国に約600名で、人手不足気味です。

保護観察官が青少年に与える影響

保護観察官は、地方更生保護委員会事務局と保護観察所に置かれる国家公務員の職名です。保護観察官になる場合には採用試験を受ける必要があり、国家公務員Ⅰ種であれば、行政、法律、人間科学などの区分の合格者から、国家公務員Ⅱ種であれば、行政区分の合格者から地方更生保護委員会に採用されます。一方で法務事務官として地方更生保護事務局や保護視察所である程度の期間勤務したあとに保護観察官に補職されます。
保護観察官の主な仕事としては、保護司と協働して、保護観察や矯正施設に収容中の者の釈放後の行くあてなどの世話をすることになります。このほか更生保護に関する事務や調整、また保護司の定例研修の講習などを行い、また更生保護施設や更生保護法人の監督などを行います。

保護観察官の仕事では、何らかの犯罪を犯した人や非行のある少年に対して、円滑な社会復帰のための指導・監督を行うというのが最大の目的になります。このため犯罪予防活動などもその一環に入ります。一方で青少年を含む犯罪を犯した者の監督も行っており、仮釈放や仮退院とった審理の準備調査や、仮釈放の取り消しや仮退院中の者の本退院、また保護観察付き執行猶予中の者の保護観察の解除などの事務を行います。

将来の道、法務教官になったらできること

法務教官は非行少年の社会復帰をサポートする国家公務員で、少年院や少年鑑別所が主な職場です。様々な事情を抱えた少年一人一人に寄り添い根気強く向き合う姿勢や、彼らの個性や能力を見極め育てるための幅広い視野と専門的知識、経験が必要です。
少年院では家庭裁判所で保護処分を受けた少年たちが共同生活を送っており、法務教官は彼らが健全な思考力や行動規範を身に着けられるよう教育と指導を行います。彼らの心身の発達状況に合わせて細やかな計画が立てられ、基礎学習や職業訓練が行われています。少年鑑別所は観護措置となった少年を一定期間収容し、法務教官は行動観察や面接によって社会不適応の原因や資質を見極めます。規則正しい生活と心の安定を図り、改善の可能性を探ります。ここで作成された資料は家裁での審判や指導などに活用されます。
少年犯罪の件数は減少傾向にありますが、少年院を出た後の再犯率は未だ低いとは言えません。所得格差の拡大により貧困世帯が増え、社会から取り残された子供たちが犯罪に手を染めるケースや、スマートフォンの普及により薬物や売春などの行為が明るみに出るのが遅れ、泥沼化するケースも見られるなど、少年犯罪は社会変化に伴って複雑化し、低年齢化も進んでいます。彼らが更生、社会復帰を果たし再犯を起こさないためにも、法務教官による教育は大切な役割を担っています。

法務分野で働きたい!資格へ向けての勉強のコツ

法務に仕事は企業や外国人、複数の国を対象にするため、分野ごとにその仕事が分かれています。基本的には、どれも法・法令・法律・司法などに関係する事務や業務を行う仕事のことです。この仕事に就くためには資格などが必要なため、資格を取るために決められた試験を受けて合格する必要があります。また、分野が多いため自分はどの分野に行くかということと、自分に必要なのはどの分野なのかを調べて決まる必要があります。試験に受かることができれば、自分の名刺などに資格の名前を載せることができたり、仕事に就くことができます。種類によって試験の仕方はマークシートであったり、記述式であったりと様々です。どの試験を受けるにも、合格するためには勉強が必要であり、受験する難易度が高ければ問題も難しく、合格点も高くなります。しかし、必ず、予行問題や過去の問題をまとめた問題集が書店に販売されているため、それを購入し、勉強することが必要です。また、受ける試験によって出題される範囲や問題が違うので注意が必要です。もし、独学で勉強ができない場合は、ものによって講習や講座などを行っている場合があるので、調べてみて行っていれば、積極的に参加することが望ましいです。猫10

奨学金はあるの?法務教官の資格に必要なものは?

法務教官は、主に少年院や少年鑑別所などの刑事施設に勤務する法務省の専門職員となります。非行した少年などの矯正教育や指導などを刑事施設現場で担当し、社会に出ても犯罪に走らないように更正する役割があります。

法務省の専門職員なので、公務員の立場と一緒で法務省専門職員採用試験を受験し合格する必要があります。ただその採用試験に合格しても法務教官になる資格を有するだけで、実際には希望管区に面接を行いそこで内定を貰ってから働く形となります。

法務教官になるための特別な資格は存在しませんが、語学の習得や臨床心理士などを有していると働く中で役立つ場合が多いです。法務教官になるためには学歴などの制限も一切なく、受験をする上では受験する年の4月1日現在、21歳以上29歳未満の年齢制限があるのみです。

また29歳以上でも40歳未満であれば社会人採用枠も存在するので受験資格を有します。法務教官になるためには採用試験に合格する必要がありますが、試験内容自体が大卒程度となります。

そのため専門の予備校や学校などに通学して、試験対策を行なうのが近道です。大卒や社会人でも法務教官を目指せるため、その採用試験対策を行なう予備校や学校によっては、奨学金制度が充実しているケースも多いです。

法務教官の立ち位置は?少年犯罪更生に関する基礎知識

法務教官とは、罪を犯した少年が収容されている少年院や少年鑑別所などに勤務し、非行に走った少年たちが健全な社会人として社会復帰出来るよう、指導したり教育したりしてサポートをする専門職員のことをいいます。
家庭裁判所から保護処分として送致された少年を収容している少年院においての法務教官の役割は、集団の生活下で健全にものを見たり考えたりするように生活指導をおこない、学習面でも、基礎学力をつけるように教科の指導をおこない、社会復帰した際に仕事に就く場合には、その必要な基礎知識と技能を習得させるための職業指導などを行います。更生のための専門的な教育を行いながら、一般の教員のように、採点や成績経過を作成するなどの業務を行うこともあります。
家庭裁判所の観護措置決定によって送致された少年を収容する少年鑑別所においての法務教官の役割は、一定期間にわたって少年を規律正しい生活を送らせ、少年の資質を見極めます。少年の心情の安定を図りながら、面接を行ったり行動を観察したりして、心理の法務技官と協力をしながらその少年の持つ問題点や改善の可能性を探り、家庭裁判所の審判や少年院、保護観察所などにおける指導に活用される資料をつくり提供することです。本人の希望があれば、学習面でも支援を行います。猫09