国法上の裁判所と官署としての裁判所

国法上及び官署として位置付けられる裁判所の具体的な説明は憲法に記載があります。憲法第76条には「すべて司法権は、最高裁及び法律の定めるところにより設置する下裁に属する。」と記されています。最高裁は憲法の番人と呼ばれています。最高裁は司法の世界では最高の位置を占める唯一の機関です。最高裁の長以外は内閣が任命します。最高裁の長官は内閣が指名し、天皇が任命します。最高裁の構成員の定年は70歳です。最高裁は東京の地下鉄である半蔵門線の半蔵門駅から歩いて行ける場所にあります。犬07憲法は行政書士の資格試験では出題科目となっています。行政書士の資格試験では憲法や民法、行政法、商法、会社法などが出題科目となっています。書店に行くと行政書士の資格試験の対策本が複数あります。最近ではレイアウトがきれいで分かりやすい行政書士の資格試験の対策本もあります。司法書士の資格試験でも憲法は出題科目となっています。司法書士の資格試験の出題科目は憲法以外に民法、商法、会社法、供託法、民事訴訟法、民事執行法、民事保全法、司法書士法、不動産登記法、商業登記法などがあります。最高裁や下裁などで事務官をやっていた場合、期間にもよりますが司法書士の資格を資格試験を受けずに得ることができます。